DTM

Production Music業界とAI作曲技術

AI作曲とProduction Music 昨今、画像生成AI技術がTwitterを騒がせていますね。 私自身は絵を描く需要が無いため、なんとなく傍観していましたが、 ついにここまで進んだかー!というのが正直な感想です。 実際に生成された画像を見てみると、まだまだ荒い所や不自然な所はあるものの、私の様な絵の素人にとってはクオリティの高さに驚かされるばかりです。 私も対岸の火事という訳にはいきません […]

複数のLibraryに同時に楽曲を送っても良いのか?

Production Musicに関する発信を続ける中で、最も多く頂く質問の一つに “複数のLibraryに同時に楽曲を送っても良いのか?” というのがあります。 結論から言うと、 ”問題ない。でも注意が必要” です。 この記事ではこの辺りを解説していきたいと思います。 契約の種類 Production Musicには2種類の契約形態があります。 Exclusive(独占契 […]

Custom Jobについて

この記事では、Production Music Libraryから受注する事があるCustom Job(Custom Work)について解説します。 Production Music Composerの仕事の進め方 Production Music Composerの基本的な働き方のサイクルは 契約したいLibraryを探す Libraryのカタログをリサーチして需要のありそうなジャンルを特定する […]

Production Musicバンドルはもう作りません!

Production Musicバンドルとは  私がProduction Music Libraryに楽曲を提出する時、同じ様なジャンル、用途の曲10〜12曲くらいを一纏めにして送っています。 私はこれをProduction Musicバンドルと呼んでいます。 この様な送り方をする理由は、Library側に取って都合が良いからです。そして周り回ってアクセプトされやすくなると考えています。  私のブ […]

Production Music制作でループ、サンプリング素材を使う際の注意点

 現代の音楽制作の手法でループ、サンプリング素材の使用は、とても大きなウェイトを占めています。  Production Music制作においても同様で、Libraryと契約されている楽曲の多くでループ、サンプリング素材が使用されています。特にProduction Musicでは通常のポップスほど細かく楽曲が展開しないので、ループ素材との相性は大変良いと言えます。  しかし、使用に際して注意が必要な […]

Production Musicビジネスの収益の種類

海外のTV番組にDTMで楽曲提供するProduction Musicビジネスの収益の種類について解説します。 Production Musicビジネスの収益3種 Production musicビジネスには収益を得る方法が3つあります。 Consideration Fee(Demo Fee) Sync Fee Backend Royalty それぞれ解説していきます。 Consideration […]

Production Musicビジネス入門②[仕組み]

Production Musicビジネス入門②[仕組み] 今回は業界の構造についてざっくりと解説していきたいと思います。前回の記事を読んでいない方は先にそちらを読むことをお勧めします。 主なプレイヤー Production Musicビジネスの主なプレイヤーを知っておきましょう。 Production Music Composer(作曲家)  言うまでもなく、商品となる音楽を制作するのは作曲家です […]

あなたが作った曲が有名海外ドラマのBGMに使われる!?[駆け出しでもOK]

このブログではコネも実績も無い無名の作曲家が、Production Music Libraryと呼ばれる音楽出版社と契約してTV番組等に曲を提供、その著作権使用料で生活していくための方法を詳しく説明していきます。